場所打杭

▼アースドリル工法

アースドリル工法

場所打杭は、その場で掘った穴の中に鉄筋篭を建込み、コンクリートを流し込んで杭を作るもので、建築・土木の基礎工事に広く採用されています。穴の掘り方によって様々な工法がありますが、既製杭に比べ大口径の杭を作ることができ、工期・工費の節減が出来ます。

▼オールケーシング工法

オールケーシング工法

拡底場所打杭は基礎杭工事の省資源化を図ることを目的に開発されました。大口径・長尺杭を経済的に施工するには、杭1本当たりの支持力の増大が不可欠であり、この条件を満たすため、杭の先端部を太くして先端支持力の増大と掘削土量・コンクリート量の減少、工期短縮を図った経済性の高い工法です。

EAGLE 拡底バケットSUN-BEST 拡底バケット

▼EAGLE工法

EAGLE工法

既成杭

既製の杭を利用して基礎にする工法です。地面に直接打ち込む工法と、まず穴を掘りそこに埋め込む工法の2つに大別されます。郊外の現場や作業敷地が広くとれる現場では効果を発揮します。

打込み工法

埋込み工法

このページの先頭へ