• EAGLE杭工法
    • SUN-BEST工法
    • EAGLE杭工法
    • SUN-BEST工法
  • EAGLE杭工法

    BCJ評定-FD0367-01

    EAGLE杭工法の特徴

    杭の先端支持力が約5倍 拡底部の面積(設計径による面積)が軸部の約5倍と大きく、またコンクリートの設計基準強度も42N/mm2まで使用可能です。
    コストの削減 杭1本あたりの支持力が大きいので杭の本数が少なくて済むため、掘削土量・コンクリート量などを減少できます。その結果、工期短縮にもつながります。
    また、⊿F=0のためコスト削減が図れます。
    機械式バケット EAGLE掘削機は油圧ユニットを必要としない機械式です。小バケットで高拡底率の杭を小型のアースドリル機で施工可能なため、狭い敷地でも工事可能です。
    拡底施工径によって5機種9種類のEAGLE掘削機がお選びいただけます。
    先端スタビライザー EAGLE掘削機の先端は200mm突出した形状となっているため、芯ぶれの無い拡幅施工が可能です。また、外殻構造および先端スタビライザーによってスライムの収納が容易に行えます。
    最大傾斜角17.8° 従来までの拡底部の傾斜角12°を超え、EAGLE掘削機の最大傾斜角は17.8°となっています。そのため、同じ拡底率でもEAGLE掘削機の高さが低く、排土が容易でスムーズな施工が可能です。
    広範な拡底サイズ EAGLE杭工法では、拡底最小径(施工径)φ900 から最大径φ3700までの施工が可能です。自由度の高い杭設計・施工が可能です。

    EAGLE拡底バケット

    EAGLE-O
    EAGLE-O
    EAGLE-Os
    EAGLE-Os
    EAGLE-A
    EAGLE-A
    EAGLE-As
    EAGLE-As
    EAGLE-AB
    EAGLE-AB
    EAGLE-ABs
    EAGLE-AB
    EAGLE-B
    EAGLE-B
    EAGLE-BS
    EAGLE-BS
    EAGLE-C
    EAGLE-C
  • SUN-BEST工法

    BCJ評定-F978

    SUN-BEST工法の特徴

    工期・工費の削減 杭先端断面積を大きくした場所打ちコンクリート杭を築造するSUN-BEST工法は、同一耐力の直杭よりも掘削土量とコンクリート量が半減するので、工期の短縮と工事費の削減ができます。
    拡大形状と孔底処理 杭拡大翼は、側壁全断面堀削で、立上り部を含む所定の形状が確実に形成されます。また、底ざらい用スクレーパを取り付けることで、孔底部のスライムを確実に中央ボディ内に収納できます。
    拡底径の管理 常に運転席前面のディスプレイに画像を表示する拡底検知システムにより容易にかつ確実に把握できます。また、掘削土砂適性取り込み量と拡大翼の開閉状況を表示し、拡大翼閉じ確認音、拡底完了音により掘削状況を確実に把握できます。
    掘削深度の管理 掘削深度の検知は、常に運転席全面のディスプレイにバケット底面位置を表示する深度検知システムにより行い、拡底掘削時の孔底位置を容易に把握できます。
    マイコンで情報化施工 拡底掘削の開始から完了までの施工状況を、マイコンを採用してシステム化しています。①拡底検知システム ②深度検知システム ③施工管理システムに全データを通し、ディスプレイ上の表示と対話しながら施工できます。
    施工記録システムの確立 確定作業完了時には、施工結果をプリンターから出力することができます。
    また、データをICカードに記録することが可能で、別の場所での作業結果の確認もできます。

    SUN-BEST拡底バケット

    SUN-BEST拡底バケット
    型式 最小軸堀径 最大軸堀径
    BK10Ⅱ 1000 mm 1700 mm
    BK11 1100 mm 1900 mm
    BK12Ⅱ 1200 mm 2100 mm
    BK13 1300 mm 2400 mm
    BK15Ⅱ 1500 mm 2700 mm
    BK17 1700 mm 3100 mm
    BK20 2000 mm 3600 mm
    BK23 2300 mm 4100 mm
このページの先頭へ