私たちの仕事

未来への土台づくり。 それが私たちの仕事です。

21世紀となった今日、私たちは未来へ何を残し、伝えていくのでしょうか。生活が、文化が、経済がめまぐるしく変化する中、次世代を担う人達へ、確実な形で残していけるもの。それは建築ではないでしょうか。都市の生活には、さらに空へ、地下へと有効な土地利用を目指す建物が必要です。そうした生活を支えるための公共施設の整備、開発も合わせて必要になります。今、造られる建築物は、そのまま10年先、20年先の暮らしを支えるもの。だからこそ、建築は確かなものを残していく使命があるのです。

栄光は、未来への建築・土木の使命を見えないところからしっかりと支える会社です。確かな暮らしは、確かな建築の上に生まれ、確かな建築は、確かな土台の上に築かれます。栄光はあらゆる基礎工事の仕事を通じて、未来の暮らしの土台作りを担っているのです。環境問題、省資源の問題、建設コストの問題、建築・土木にも様々な問題が山積みになっています。その一つ一つは私たちにとって大切な基礎問題。確かなニーズに応える基礎工事から、『建築』を『生活』を見つめる。それが栄光の仕事です。

このページの先頭へ